髪の毛はなぜ抜けるの?

髪の毛はなぜ抜けるの?

髪の毛はなぜ抜けるの?髪の毛の抜ける原因はさまざまです。代表的な例が「遺伝・ストレス・ホルモンバランスの崩れ・乱れた生活習慣」等々です。この中でも遺伝でハゲてきたと言う方が非常に多いと思うのですが、実は遺伝でハゲるのではなく、ハゲやすい体質が遺伝するだけという事がある研究結果で分かっているのです。つまり祖父や父がハゲているから自分もハゲルのではなく、体質がハゲやすいだけなので、気をつけていればハゲずに済む可能性も十分にあるという事なのです。

 

その他はストレスやホルモンバランスの崩れが多いのですが、ストレスから逃れる事はできないので、極力ストレスを発散する努力をするようにしてください。ストレスを溜めこむから髪の毛に良くないだけなので、定期的に運動や趣味などでストレスを発散してあげましょう。それから、ストレスや食生活が原因でホルモンバランスが崩れて抜け毛が増えると言う方も非常に多いので注意してください。

 

ホルモンバランスの崩れはさまざまな要因が重なって起こるものなので、一概にストレスや食生活だけの問題と決めてしまうのは難しいのです。例えば睡眠不足や運動不足などが原因でホルモンバランスが崩れてしまう可能性だって十分にあります。ですから、日々の生活習慣に十分注意して、改善できるところがあるのなら、少しづつ改善していくようにしましょう。

 

その他は、喫煙や飲酒なども注意が必要です。喫煙は血行不良を起こしたり、飲酒は肝臓の機能を低下させたりする働きがあります。お酒もたばこも肝臓には良くないので、辞めれるのであれば辞めた方が良いでしょう。肝臓は髪の毛にとってとても重要な働きをします。肝臓の機能が低下すると髪の毛に十分な栄養素を送れなくなるので、結果的に抜け毛が増えて薄毛になってしまいます。以上の事に心当たりがある方は、少しづつで大丈夫なので改善していくようにしましょう。それと同時に、自分に合った育毛剤を早くに見つけて、どんどん育毛していきましょう。